スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロブパティ 自由が丘 京都マルイ店/苺のミルフィーユ

2012.05.11.Fri.11:56

京都OIOIの地下にあります、

ロブパティ 自由が丘食べログ)に行ってきましたー!

最初に予告しときます。。辛口コメントいきまーす!←

この日は友人の結婚式用小物などを見繕うために
お昼あたりから探しまくりでした。で、お腹減ったー…でどうしよ?
けど、この辺の喫茶よく知らない…ここでいっかー!という経緯でOIOIへ。

お疲れモード、探す気力なしの妥協で選んでしまったのが
すべての始まりだったのです。

まず、3組ほどお待ちのお客様。
途中、待っているお客さんにも目もくれず、
おばさん2人組が横入りで先に店内へ。
ちょうど店先に店員もいなかったのでそのまま入っていきました。。ちーん

で、よくよく見てみると席あいてるところ結構あるよ?
なんで通さないのだ。。

そしてレジ、めちゃくちゃ並んでますよ?
カフェレジ&持ち帰りのカウンターに
店員さん1人だけなので、なかなかの列です。

とモヤモヤしながら待つ事15~20分。

ようやく店内へ。

苺のミルフィーユと紅茶 
細かい値段は忘れてしまいましたが
セットで1300円くらいだったかな。。

CA3F0063_20120511140337.jpg

CA3F0062_20120510225642_20120511140337.jpg

ミルフィーユってとろっとしているカスタードを
挟んでいるものしか見た事なかったのですが、
こちらのはバタークリームを挟んでいます。

Wikiで知りましたが↓ 
ミルフィーユの種類もいくつかあるようで、こちらでいただいたのは

ミルフイユ・オー・フレーズ

「苺のミルフイユ、ナポレオン・パイとも言われる。
クリームだけでなく苺もはさみこんだもので、冷やして供される。
ミルフイユに用いられるクリームとしては
カスタードクリームがよく知られているが、
生クリームやバタークリームなども広く用いられている。
またクリーム以外にも、アプリコットジャムや
リンゴのコンポートなどが使われる場合もある。」

とのこと。

・・・冷やして提供&バタークリームのためか、
なんでしょう…クリームが固い…。

甘ったるくない、というか味がよく分からずでした。
優しい味というわけでもなく…。薄い?
うーん。うーん。

ちなみに友人も同じ感想でしたw

彼女はシフォンケーキを頼んだのですが
「これは・・・パンみたいね」と言ってました汗

一口食べたところ、パサパサしてました。

これで1000円以上か。。というのが正直な印象です。
チョコレートケーキにしとけばよかった!(はずれは滅多にないから)

こちら、カフェじゃなくてランチ使いのほうが良いのかもしれませんね。
サンドイッチとか。

けど、全体的にセットが高い印象です。
私には合わない味だっただけなのかしら。。

苺のミルフィーユ:


スポンサーサイト
コメント
☆一個て・・・
カスタード苦手やから良いやんと思いながら読んでたんですけどこれも不発でしたか。。
確かにチョコならハズレはなかったはず。
チョコと言えば日本初出店が京都の「マリベル」むっちゃ気になってます。
あめだまジョンテ様へ
辛口すみませんW
不発すぎました。。(好みの問題かもしれませんが)

マリベル、オープン前に何度か通った事あります!
「ここ、一体何屋になるの・・?」と思ってたのですがチョコレート屋さんなのですね!
これは行かねば!

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。